ここから本文です

スマホゲーム『チェインクロニクル』TVアニメ化 全3章の上映版も

オリコン 7月26日(火)20時22分配信

 2013年7月にサービスを開始し、総ダウンロード数500万を突破したセガの人気スマートフォンゲーム『チェインクロニクル』がテレビアニメ化されることが26日、明らかになった。タイトルは『チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃(ひかり)~』。またテレビ放送に先駆け、全3章の“上映版”も制作。12月から3ヶ月連続でイベント上映される。

 アニメ監督は『BLEACH』などの工藤昌史氏で、キャラクターデザインも手がける。副監督は花井宏和氏、シリーズ構成は待田堂子氏、アニメーション制作は『ルパン三世』シリーズで知られるテレコム・アニメーションフィルムと『楽園追放-Expelled from Paradise-』のグラフィニカが担当する。

 劇場版第1章は12月3日から公開がスタートし、第2章が2017年1月14日、第3章が同年2月11日より、それぞれ2週間限定で上映。今月31に東京・秋葉原UDXで開催される『チェインクロニクル3周年イベント「絆の大感謝祭」』にて前売り綴り券が先行発売される。

■ストーリー
舞台は、最果ての大陸“ユグド”。
住人達は自分たちの住むその大陸が、世界の広さのすべてだと思っていた。
大陸はいくつかの領地に分かれ、それぞれの地に王が存在していた。
各勢力によって、小規模戦闘が起きる事はあっても
諸王たちの円卓会議により選ばれた“盟王”によって、バランスが保たれていた。
暗黒の魔物“黒の軍勢”が現れるまでは―。

最終更新:7月26日(火)21時43分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。