ここから本文です

ポケモンが捕まえやすくなるiPhoneケースあります

ギズモード・ジャパン 7月26日(火)12時30分配信

モンスターボールが0になってしまったときの無力感といったら…!

ポケモンGO捗ってますか? ゲーム始めはポケモンに簡単に当てられたモンスターボール。進めていくうちに、当てにくいヤツやら、捕獲してもボールから飛び出すヤツやらでてきて、無限にあるかと思われたモンスターボールも底をついてしまいます。すると、一投一投が大切になり、一球入魂の精神に。それが形として表れたのが、このiPhoneケースです。

ケースを作ったのは、Jon Cleaverさん。ポケモンGOプレイヤーなら、すぐピンとくる形ですね。ケースに沿って指を動かせば、少なくともボールが横にそれることはありません。ボール投げる以外では邪魔になるケースの形ですが、そういう次元の話ではないんです。レアなポケモン、捕まえ損なったらどうすんだ!?って話です。ケースの作り方もネタ元で公開されているので、いざという時のためにどうぞ。

根が真面目な私は、初日こそでてきたポケモンすべてに対峙していました。しかし、ズバットで20個ボール外してからは考え方を変えました。ズバットもゴルバットも持ってるし、もうズバットは無視する! なのに、ズバット3匹に囲まれたときのイライラといったらもう。…さぁ、今日もゲットだぜ!

source: My Mini Factory
Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(そうこ)

最終更新:7月26日(火)12時30分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]