ここから本文です

福島潤の心に酔い、瀧川鯉斗の色気に惚れる・・・「声優落語天狗連第五回」

ニッポン放送「しゃベル」 7/26(火) 22:33配信

 アニメ「昭和元禄落語心中」をきっかけに、アニメファンの間で広がった「実際に落語を観てみたい」という声に応えるイベント「声優落語天狗連 Supported by 昭和元禄落語心中」の五回目公演が、昨日7月23日(土)に浅草東洋館で開催された。

 この「声優落語天狗連」は、落語研究会出身のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記と、アニメ好きにして落語研究会出身の学者芸人・サンキュータツオがダブルMCを務め、過去に4回実施されている。

 前回に引き続き、浅草東洋館での開催となった第五回。まずはメインMCの2人による「アニメ×落語談義」からスタートした。

 会場には、約250人のお客様が集まり、満席の客席は熱気十分。

 互いに落語研究会出身で、アニメを愛する共通点がある2人。落語の楽しみ方だけではなく、アニメの例えなども引用しながら、テンポよくトークを繰り広げていく。大学での教鞭もとるサンキュータツオの落語解説に、場の空気はどんどん温まっていった。

 そして、目玉企画である「声優落語チャレンジ」の時間に。これまで声優の石井マーク、阿座上洋平、古川慎が「初めての落語」に挑戦してきた人気企画。

 今回、挑戦した声優は、『弱虫ペダル』の鳴子章吉 役や、『アクエリオンEVOL』のジン・ムソウ役などで知られる人気声優 福島潤。

 ちゃんとした着物を着るのも初めてだったという福島潤は、立川志ら乃師匠の指導で1ヶ月みっちり鍛えた落語「反対俥」を披露。

 心配もなんのその。客席を前にした福島のペースはどんどんとあがり、会場は笑いっぱなし。やりきった後、高座に崩れ落ちた福島潤の姿と汗に、心がぐっとつかまれた。

 そして、アニメ「昭和元禄落語心中」の劇中で語られる落語を中心に、プロの落語家が実際に口演する人気コーナーへ。「声優落語天狗連」ではこれまで、入船亭扇辰師匠「鰍沢」、立川志ら乃師匠「時そば」、春風亭一之輔師匠「居残り左平次」、隅田川馬石師匠「野ざらし」が披露され、会場を沸かせてきた。

 今回披露してくれるプロの落語家は瀧川鯉斗。二ツ目の落語家だ。これまで登場した真打ではなく、今回初めて二ツ目の落語家を起用した。その理由は、リピーターも増えたイベントで、これから一緒に育っていきたいというMC2人の願いがあったからだ。

 瀧川鯉斗は、和服で高座にあがる前に、私服姿も公開。

1/2ページ

最終更新:7/26(火) 22:33

ニッポン放送「しゃベル」

なぜ今? 首相主導の働き方改革