ここから本文です

までぇに街いま 高森 その2 みやぎ仙台商工会泉パークタウン支部

河北新報オンラインコミュニティー 7月26日(火)12時1分配信

 住宅街に商店や企業活動が少しずつ充実し始めた1981年7月に発足した。
 会員は高森地区を中心に、隣接する明通、寺岡両地区の計約100社で、発足当時の19社から大きく増えた。

 サッカー女子、ベガルタ仙台レディースの練習拠点が明通地区にある縁で、2年前から勝手連的なサポートを行っている。
 年1回、会員企業の社員家族やその友人ら約200人を集めて応援観戦を実施。試合中には、大きな横断幕を掲げて陣取る応援席の方を、選手たちも意識してくれるという。2月にあった沖縄合宿では、宮城県産の新米30キロと牛タン15キロ、約80センチの子豚の丸焼きを贈って激励した。

 高森1丁目で家電店「デンキカン泉」を営む「藤光ネットワーク」の社長藤井弘光さん(60)が、2005年から支部長を務める。藤井さんは「地域が活性化する企画をこれからも打ち出したい」と力を込める。小中学生に向けたスポーツや防犯の教室開催なども検討していくという。

河北新報社

最終更新:7月26日(火)12時1分

河北新報オンラインコミュニティー