ここから本文です

【動画解説】8月~10月気温高め 全国的に厳しい残暑に

ウェザーマップ 7月26日(火)12時44分配信

 西日本ではあす27日から猛烈な暑さが予想されています。また、きのう発表された最新の3ヶ月予報によると、夏の終わりから秋にかけて全国的に高温傾向で、残暑が厳しくなりそうです。

 あす27日から全国的に最高気温が30℃を超える所が多くなり、厳しい暑さが続くでしょう。特に西日本には高温に関する情報が発表されていて、27日から8月1日ごろにかけて、最高気温が35度以上の猛暑日になる所が多くなりそうです。九州を中心に猛暑日が3日から5日ほど続くおそれがあります。京都でも金曜日と土曜日、2日連続で35℃の予想が出されています。熱中症の危険がより一層高まりますので、これまで以上に体調管理に注意してください。

 また、きのう気象庁から発表された3か月予報によると、気温が高い傾向は秋にかけて続く見込みです。この先は全国的に暖かい空気に覆われやすくなるでしょう。南にある太平洋高気圧が日本付近にしっかりと張り出し、さらに、猛烈な暑さをもたらすポイントとなるチベット高気圧の勢力も強まって西日本付近まで覆う予想になっています。この二つの高気圧の影響を大きく受ける西日本ほど気温が高くなり、暑さが続く見込みです。

 8月は特に西日本で気温が高く、東日本も平年並みか高い予想です。9月は沖縄・奄美から北日本にかけて、広い範囲で気温が平年を上回るでしょう。10月は西日本と東日本で暖かい傾向が出されています。今年は全国的に残暑が厳しくなりそうです。(気象予報士・尾崎朋美)

最終更新:7月26日(火)13時35分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。