ここから本文です

3Dプリンターで出力して、ポケモン図鑑バッテリーケースをゲットだぜ!

ギズモード・ジャパン 7月26日(火)16時14分配信

Pokemon Goのプレイにリアリティを求めた結果。

ポケモン図鑑仕様のバッテリー一体型スマートフォンケースを3DプリンターでDIYしてシェアしてくれた人、登場。3Dプリンターを使ってみたくて、そしてPokemon GOプレイヤー(になりたい人)。さらに、なかなか捕まえられないイーブイをゲットするために街中を歩き回ってバッテリーの消耗がすごくてモバイルバッテリーが欠かせない人。スマートフォンをポケモン図鑑に見立ててリアリティを追求してみませんか?

アカウントネームnpooleさんによって制作された、3Dプリンターで作るポケモン図鑑仕様のバッテリー一体型スマートフォンケースのこのギーク感たるや。これにスマートフォンを仕込んでPokemon GOをプレイすれば、街の誰よりも「ポケモンゲットだぜ!」感を醸し出せて、自慢できて、一躍ヒーローになれちゃうかもしれません。

ただし3Dプリンターで、データを出力すればおしまいというわけにはいかず、ちゃんとバッテリーケースとして機能させるためには、2,600mAh等のバッテリーをはんだづけするなどの作業が必要です。そのうちNianticや、mophieあたりからオフィシャルのアクセサリーが出るかもしれませんが、この手作り感がまた良いではありませんか。

このポケモン図鑑の3DデータはGithub(https://github.com/sparkfun/Pokedex)からダウンロードできます。iPhone 6s用のデータと、なぜかGalaxy S4用になっています。3Dデータが扱える人は、ぜひ対応機種のバリエーションを増やして欲しいですね。

source:SparkFun, SlashGear
SparkFun via SlashGear] - Gizmodo US[原文]
(mayumine)

最終更新:7月26日(火)16時14分

ギズモード・ジャパン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。