ここから本文です

全国高校女子野球、28日開幕 過去最多24チームが出場

両丹日日新聞 7月26日(火)14時56分配信

 高校女子野球の日本一を決める第20回記念全国高校女子硬式野球選手権大会が28日、兵庫県丹波市市島町の市立スポーツピアいちじまで開幕する。今年は昨年より4チーム多い過去最多の24チームが出場。地元からは2年前に優勝した福知山成美が名を連ねる。

 丹波市、全国高校女子硬式野球連盟主催。両丹日日新聞社など後援。会場は一昨年までスポーツピアいちじまで開いてきたが、同年の豪雨災害の影響で、昨年は使用できなくなり、丹波市立春日運動公園野球場で開催した。

初出場は4チーム

 初出場は大阪体育大浪商▽秀明八千代(千葉)▽叡明(埼玉)▽岐阜第一の4チーム。また、女子野球部がない学校の選手たちによる混成チームの丹波高校連合も出る。沖縄や広島、兵庫、静岡などの高校の選手のほか、地元・福知山淑徳の生徒も連合に加わる。

 27日に組み合わせ抽選会があり、開会式は28日午前8時30分から。第一試合は同9時30分から始まる。決勝は8月3日午前10時からの予定。

 出場校は次の通り(初出場校、成美、丹波連合は除く)。

 蒲田女子(東京)▽駒沢学園女子(同)▽花咲徳栄(埼玉)▽京都両洋▽福井工業大附属福井▽横浜隼人(神奈川)▽京都外大西▽作新学院(栃木)▽履正社(大阪)▽折尾愛真(福岡)▽神村学園高等部(鹿児島)▽埼玉栄▽至学館(愛知)▽村田女子(東京)▽日南学園(宮崎)▽開志学園(新潟)▽高知県立室戸▽神戸弘陵(兵庫)

両丹日日新聞社

最終更新:7月26日(火)14時56分

両丹日日新聞