ここから本文です

<高校野球>大宮東×聖望学園、準決勝の見どころ 激しい打撃戦か/埼玉大会

埼玉新聞 7月26日(火)6時30分配信

 第98回全国高校野球選手権埼玉大会は26日、県営大宮で準決勝が実施される。20年ぶりの決勝進出を目指すDシード大宮東は、7年ぶりの頂点を狙うCシード聖望学園と対戦。甲子園への切符を懸けた熱戦もクライマックスまで残り3試合。準々決勝までのデータを基に準決勝の見どころを探った。

【写真特集】諦めなかった夏、仲間との思い出…写真で振り返る球児たちのドラマ

 今夏は両チームとも強打を売りとしているだけに、激しい打撃戦が予想される。継投のタイミングも試合の流れを変える鍵になりそうだ。

 大宮東のチーム打率は3割ちょうどと高くはないが、10打点を挙げている4番緒方、8打点の5番黒田の勝負強さとつなぎの意識が目を引く。5盗塁の機動力と高打率を兼ね備える1番河野のチャンスメークから、是が非でも先取点を奪いたい。

 投手陣をけん引する菅原、長沢の両右腕はここまで交互に先発し、順番通りなら先発は2年生エース菅原か。いずれも粘り強く低めを突いて打たせて取りたい。

 5試合で5本塁打と長打力で上回る聖望学園にとって点取り合戦は望むところ。ポイントゲッターの4番大野、7番渡部の前に走者をためれば勝利に近づく。2本塁打の5番丸井も相手に脅威を与える存在だ。

 3回戦から4試合連続先発の右腕中川は防御率1・17と安定感抜群。序盤から大量リードを奪ってエースの負担を軽減したい。計5失策の守備が引き締まれば4年ぶりの決勝切符に手が届く。

最終更新:7月26日(火)6時35分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報