ここから本文です

ヒラリー・クリントンがNY郊外に所有する、もうひとつのホワイトハウスを拝見!

ELLE ONLINE 7月26日(火)20時1分配信

夫のビルが大統領を務めていた1999年からクリントン夫妻が所有している、もうひとつのホワイトハウスともいうべき邸宅。それがNY郊外の高級住宅街チャパクワにあるこちらのお宅。選挙戦の慌ただしい日常からエスケープできる、スタイリッシュかつ閑静なエリアに立つ彼女の自宅について、あなたが知らなかった7つのことをお届け。

【1】住所は15 OLD HOUSE LANE

ヒラリー・クリントンの邸宅は、大通りから外れた木立が取り囲む小道に面している。

【2】購入価格は170万ドル(約1億8000万円)

不動産のエキスパートによると、現在の相場価格は250万ドル(約2億7000万円)ほどに上がっているそう。

【3】ダッチコロニアルスタイルの外観

中部大西洋沿岸地域によく見られる建築スタイルで、納屋のようなデザインの屋根が特徴的。

【4】敷地は1.1エーカー!

1.1エーカー(約1300坪)ほどの敷地には、夫妻の飼っている犬や孫たちが走り回るのに十分な広さ。スイミングプールは、大統領選のストレスを和らげてくれそう。

【5】ニューヨーク市から北に35マイル離れた場所

ヒラリーの選挙事務所はブルックリンに、ビルのオフィスはマンハッタンの金融街に、娘チェルシーのアパートはマンハッタンのフラットアイロンにある。これらの場所から35マイル(約56キロメートル)ほど離れたこの邸宅は、通勤にも便利。

【6】1889年に建てられた物件

古い建物だが、この地区にはクエーカーミーティングハウス(1763年築)をはじめ、さらに歴史ある住宅が並ぶ。

【7】5ベッドルームに4つのバスルーム

3階建ての邸宅には5つのベッドルームに4つのバスルーム、それにスイミングプールがある。十分な広さの駐車スペースがあるのはいうまでもない。
(Translation & Text : Yo Douglas)

from US版エル・デコ

最終更新:7月26日(火)20時1分

ELLE ONLINE