ここから本文です

薄板市況、関西 強基調に移行 流通が価格転嫁本腰

日刊産業新聞 7/26(火) 12:19配信

 関西地区の薄板市況は、強基調に移行している。高炉メーカーの値上げ方針に対して、一定の価格転嫁の必要性が迫ってきたことから、商社や地区コイルセンターは販売先への値上げ申し入れ、交渉に本腰を入れつつある。第一段階としてトン当たり2000―3000円の値上げ幅が争点となる見通し。

最終更新:7/26(火) 12:19

日刊産業新聞