ここから本文です

サネに続きシャルケの“未来”にまたも移籍の噂 クラブSDは「売るつもりはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月26日(火)12時1分配信

スター候補を連続で失うことを拒否

シャルケは生え抜きの若手を狙われ続ける厳しい夏となっているようだ。

ドイツ代表MFレロイ・サネがマンチェスター・シティへの移籍に近づいていることは周知の事実だが、何も狙われているのはサネだけではない。サネと同じく20歳で下部組織出身のマックス・マイヤーもリヴァプールに狙われているようだ。リヴァプールは3400万ユーロのオファーを準備しているようだが、シャルケのクリスティアン・ハイデルSDは独『sky』で移籍を否定している。

「マックスは良い選手だが、リヴァプールへの移籍はナンセンスだ。クロップとは少し話したけど、興味があるならまた話してくるだろう。ただ、覚えておいてほしいのはマックスを売却リストに載せることはないということだ」

7番を背負い、クラブの未来とも呼べる存在であるマイヤー。昨夏はドラクスラーという生え抜きのスター選手を失っているだけに、何人ものスター候補生たちを簡単に放出し続けるわけにはいかないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月26日(火)12時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]