ここから本文です

ストーカー被害のいいだゆか、中学生時代から付きまとい行為を受けていた「人間不信が酷くなった」

トレンドニュース(GYAO) 7/26(火) 18:33配信

アイドルグループ・スマイル学園の元メンバーで女優のいいだゆかが、自身に対してストーカー行為を繰り返していた男が逮捕されたのを受けて、実は中学生時代から被害に遭っており、精神的に不安定な状態にも陥ったと告白した。

7月15日、いいだの自宅への待ち伏せ行為を繰り返した男がストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。いいだは7月25日、ブログを更新。現在18歳の彼女だが、被害は最近起こったものではなく、自身がアイドルグループに所属していた中学生時代からずっと続いていたことを説明した。

いいだのアイドル時代から、男性は「度が過ぎた接触」が見られたそう。いいだは「再三の注意があっても改めて貰えず、気づいたら私自身が耐えられなくなり精神的に不安定になってしまいました」と告白する。

病院で治療を受けても症状は悪化するばかりで、当時の事務所との方向性の違いなどもあり、結局は芸能界を一度引退することになった。それでも高校に進学したばかりのころ、男性がいいだをさがしていると耳に入り、いつ学校や自宅がバレるかと恐怖に襲われたそうだ。

いいだは「つきまとい以外でも、過去にはネットで様々な憶測が、さも事実のことのように書かれ嘘の情報があちこちで流され その事でもずいぶんと苦しみました。もともと男性が苦手だった事にプラスしてネットでの嘘の書き込みで人が怖くなってしまい、中学生の時は学校に通う事もできずにいました。そしてファンの方の過剰な接触が起きてからは1人で行動したり、電車に乗れなくなって人間不信が更に酷くなってしまったんです。私の青春時代は、そんな状態でしたので恋愛なんて勿論、普通に過ごす事すらできなかったのが事実です」と振り返る。

しかし高校に通うようになってから、周囲の助けもあって回復に向かい、再び演技の道を志すようになった。いいだは「去年の5月に活動を再開してからも舞台などでその方を見かける機会が多く、数年前に私が依頼した弁護士からの警告や今の事務所からの注意があっても直らない状況に、また何かされるのではないかという恐怖と闘いながら今まで活動をしてきました。それでも今度こそは、応援してくだっている方達にお返しをしたくて今まで頑張ってこれたのだと思います」とつづる。

いいだは「色々な出来事からようやく感情を取り戻した今、我慢をする事で自分が壊れる事はもう嫌です。今回の事件があったことで、私も考えるきっかけにもなり危機管理の大切さを学びましたし、これから活動していく上で、そういった事を発信できるような女性になっていきたいです」と現在の心境を明かした。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7/26(火) 18:33

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]