ここから本文です

グッドイヤー、新たにオールシーズンタイヤ「Vector 4 Seasons Hybrid」を日本製にし、ラインアップを拡充

オートックワン 7/26(火) 19:50配信

日本グッドイヤーは7月26日(火)、新たにオールシーズンタイヤ『Vector 4 Seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド)』を、日本市場向けにラインアップの拡充を図り、8月1日から販売開始すると発表した。

グッドイヤー オールシーズンタイヤ「Vector 4 Seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド)」画像36枚

オールシーズンタイヤは、年間を通して季節・路面を選ばず、履き替えなしで走行が可能(降雪地域を除く)なタイヤ。

今回発表された「ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド」は、オールウェザーシリカコンパウンドを使用した高い基本性能はそのままに、従来の23サイズから、新たに13~18インチまでを網羅する44サイズ展開となる。

展開サイズを約2倍に拡大した背景には、ミニバンから軽自動車といったポピュラーなサイズ構成をカバーすることが挙げられる。同社はその中でも、2016年に初回車検を迎える2013年の新車をターゲットに、装着サイズの8割をカバーできるように狙っているとした。

また、今回発表された新製品からは、新たにチェーン規制時でもそのまま走行可能な、日本での“冬用タイヤ”としての証「SNOWマーク」の刻印を追加(過酷な積雪・凍結があるエリアでの走行には、スタッドレスタイヤを推奨)。欧州での冬用タイヤの証である「スノーフレークマーク」も継続されている。

さらに、これまではヨーロッパから輸入していた同製品だが、今後、新製品からは住友ゴム工業に生産を委託。全面的に国産へと切り替わる。新製品から名前につけられている「Hybrid」は、それまでの輸入品から国産へと切り替わったことを示しており、グッドイヤーの基礎技術と、日本の生産技術が“Hybrid”しているという意味が込められている。

日本グッドイヤー株式会社 金原雄次郎 代表取締役社長は発表会で、

「我々グッドイヤーには、この分野のパイオニアとして欧米で30年以上に渡りオールシーズンタイヤのマーケットを切り拓いてきたという実績と知見がございます。この実績をテコに私共は、日本でオールシーズンタイヤという新しいカテゴリーを開拓・定着させていきたいと考えております。

まだまだ、パイとしては非常に小さな市場ではございますが、新しいタイヤの使い方をマーケットにご提案し、定着させるべく商品を大幅に拡充し、販売を加速してまいります。

オールシーズンタイヤのベネフィットは、お得で便利で楽で安全・安心ということでございます。まさにお客様の潜在ニーズをくみ取り、それを商品化したものでございます。グッドイヤーはタイヤの分野から新しいクルマの使い方を提案したいと考えております。1年を通して履き替えずに走れるという新しいカーライフをご提案させていただくものでございます。

よりアクティブに、より安全に、しかも経済的にドライブを楽しんでいただきたい。このような思いを込めた自信作でございます。グッドイヤーといえばオールシーズンタイヤ、オールシーズンタイヤといえばグッドイヤーと認めていただけるよう新しいマーケットを切り開いていきます」とコメント。

最後に今後の販売目標については、

「従来、輸入品を売ってきたわけですが、その販売本数の規模の1ケタ上ぐらいを狙っていきたいと考えています。それがどれくらいのタイミングでできるのかというところはありますが、まずはそこまで持っていきたい菜と考えています」と述べた。

最終更新:7/26(火) 19:50

オートックワン