ここから本文です

「ポケモンGOのキャラ出現しないように…」鉄道各社が要請書を提出

乗りものニュース 7/26(火) 18:36配信

キャラ出現防ぐ設定変更を求める

 全国の鉄道事業者23社局と日本地下鉄協会は2016年7月26日(火)、東京都内のJR東日本本社で、社会現象となっているスマートフォン向けゲーム『ポケモンGO』に関する要請書を開発元のナイアンティック社とポケモン社に提出しました。

【写真】歩きスマホを注意する駅の表示

 JR東日本によると、要請書は、鉄道利用者の安全確保などの観点から、駅や線路を含むすべての鉄道施設にゲームのキャラクターが出現しないよう、設定変更することを求める内容です。

『ポケモンGO』をめぐっては、キャラクターが原子力発電所に出現しない設定にするよう、電力会社が開発元に要請するなど多方面に影響が出ています。

 鉄道事業者のほか、NEXCO各社は「ポケモントレーナーの皆さまへ」と題するメッセージをウェブサイトに掲載。「ポケモンが高速道路に出現したとしても、高速道路は危険防止や故障などの場合を除き駐停車禁止ですので、決してポケモンゲットのために駐停車しないでください」と呼び掛けています。

『ポケモンGO』は7月22日(金)に“日本上陸”。スマートフォンのGPS機能などを利用し、実際に外を歩いて「ポケモン」のキャラクターを集める内容で社会現象となる一方、「歩きスマホ」「ながらスマホ」が原因で、事件や事故に発展するケースも相次いでいます。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/29(金) 12:34

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。