ここから本文です

セリーナ 大会直前に欠場を表明「右肩に炎症がある」<女子テニス>

tennis365.net 7月26日(火)15時28分配信

ロジャーズ・カップ

女子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、WTAプレミア5)に第1シードで出場を予定していた世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)は、右肩の炎症を理由に大会直前に欠場する決断を下した。

セリーナ、ドッグフード食べて体調崩す

今大会でこれまで3度の優勝を持つセリーナ。上位シード8選手は1回戦が免除されているため、2回戦から登場する予定だった。

「肩に炎症があるため、残念ながらロジャーズ・カップを欠場せざるを得ません。モントリオールでの試合を楽しみにしていました。またすぐにコートへ戻れることを期待しています」とセリーナは、自身の想いを伝えた。

セリーナは今月初旬に行われたウィンブルドンで7回目の優勝を飾ると同時に、S・グラフ(ドイツ)が持つグランドスラム史上最多優勝の22回に並んでいた。

「今年はオリンピックが開催されるシーズンだから、より厳しいスケジュールで選手達は戦っている」と語るのは大会主催者のE・ラピエール。

そして「時には体に休養が必要。我々はセリーナの早い回復を願っているし、今後のシーズンでも更なる成功を願っている」と、セリーナへの想いも加えていた。

セリーナの枠には第3シードのG・ムグルサ(スペイン)が入り、M・プイグ(プエルトリコ)と予選を勝ち上がったN・ブローディ(英国)の勝者と2回戦で対戦する。繰り上がった第9シードのS・クズネツォワ(ロシア)が2回戦から登場。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月26日(火)15時28分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。