ここから本文です

「ポケモンGO」めぐり 県内で交通違反2件/富山

チューリップテレビ 7月26日(火)9時51分配信

 スマートフォン向けのゲームアプリ『ポケモンGO』の画面を見ながら車を運転したとして、県内でも、先週金曜日から25日午後3時までの間に、2人が摘発されたことが分かりました。
 摘発されたのは、22日午後6時ごろ、高岡市の国道で軽乗用車を運転していた19歳の専門学校生の女性と、24日午前10時ごろ、富山市の市道で軽乗用車を運転していた28歳の大学生の男性です。
 2人は、いずれもアプリを見ながら車を運転していたところを、交通違反取締り中の警察官に発見され、携帯電話使用等違反で反則切符を切られたということです。
 運転中の携帯電話の保持・使用は道路交通法で禁じられていて、違反した場合には、原付バイクで5000円、乗用車で6000円の罰金が科せられます。

チューリップテレビ

最終更新:7月26日(火)9時53分

チューリップテレビ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。