ここから本文です

セレーナ・ゴメスがステージで涙!インスタグラムに意味深なメッセージを投稿

ELLE ONLINE 7月26日(火)21時2分配信

7月22日に24歳の誕生日を迎えたセレーナ・ゴメス。リバイバル・ツアーで滞在しているインドネシアで過ごしたこの週末、どうやら感情的にアップ&ダウンがあったよう。ショーの前にはスナップチャットに「とても幸せで興奮しているわ。ここのみんなはとても親切よ」とアップしていたのに、コンサートではアンコールで涙ぐんでしまったそう。

「Kill Em With Kindness」を紹介しながら「次の曲は私にとって大切な歌なの。自分にとても不満を感じているから。ときどき自分にイライラすることがある。自分の思っていないことを言ってしまったり、気にしているせいでよくない結果になってしまったり。でも、最後に怒りが勝つことはないわ。私たちの間に何が入り込んできたとしても、いつも愛し合い、お互いに親切でいられると信じるべきだって、心の奥底ではわかっている。何があっても、それが私たちにはできるって信じてるわ」と語ったそう。

ステージ終了後には、インスタグラムに謎めいたメッセージをアップ。「今夜、私は自分が本物ではないように感じた。自分にも自分の音楽にもつながりを感じることができなかった。見た目や衣装やビデオによって私自身が決まると思ったことはない。私はその瞬間瞬間で決めて、起きなかったことを後悔しているの。今の私はよどんだ状況にいるし、ありのままの自分でいるわけではない。そして”ここが私のいる場所なの? 本当に?”って自分に問いかけている。私はいつも真実を語っている。私の言葉は本当のこと。私は自分自身を見せてきたけれど、人生のある部分をクリエイティブな意味で、そして個人的な意味で考え直す必要がある。ここから抜け出さなくては」と綴った。

セレーナが落ち込んでいる理由についてはわかっていないけれど、インドネシアでのステージの写真をアップして「素敵な人たち」とコメントしているから、ショー自体は楽しんだよう。来日公演を約1週間後に控えたセレーナの動きを要チェック!
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:7月26日(火)21時8分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。