ここから本文です

佐賀商 自慢の猛打、影潜め 高校野球佐賀大会決勝 唐津商16-5佐賀商

佐賀新聞 7月26日(火)12時1分配信

最終回、意地の3連打

 自慢の打線が影を潜めた。チーム打率3割7分4厘と好調を維持してきた佐賀商打線が、唐津商の谷口の前に8安打5得点。森田剛史監督は「打ち勝つチームをつくってきた。そこを出せなかったことは本当に悔しい」と唇をかんだ。

 NHK杯では、唐津商を19安打11得点と打ち崩していた打撃陣。「また打てる」という慢心が芽生えてもおかしくなかった。だからこそ主軸の龍野瞳依らは「一から攻略していこう」と臨んだはずだった。

 しかし、その思いとは裏腹に、丁寧に低めに制球する谷口の投球に苦しみ、内野ゴロでのアウトが14個。龍野は2安打と気を吐いたが、「きっちりとコースを突かれ、タイミングを外された」と悔しさをにじませた。

 それでも、最終回に意地は見せた。代打土井啓奨の中前打を皮切りに、上田哲平、空閑壮耶が続いて2点を奪い返した。「最後は2年生が打ってくれた。頼もしい姿だった」と龍野。「来年、必ず借りを返してくれるはず」。届かなかった夢を後輩に託した。

最終更新:7月26日(火)12時1分

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]