ここから本文です

39歳でグラビアアイドルデビュー!“妄想爆発”な元OL美魔女はスリルがお好き/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 7月26日(火)19時0分配信

第3回「国民的美魔女コンテスト」のファイナリストとなり、39歳にしてグラビアアイドルデビューを果たした岩本和子。もともとは普通のOLだったものの、アラフォーにして突然グラビアアイドルの道を選択。全編自撮りという異色のDVD『癒しらいぶ~ほんのり好きでいて下さいませ~』でグラビアデビューを果たすといきなりオリコン1位、Amazonランキングでも女性アイドル部門、趣味・実用部門、ディスクオンデマンド部門の3部門で1位を獲得した。しかし岩本がその歳にしてグラビア界への転向を決意した理由とは一体なんだったのだろうか……?

尽くしすぎる美魔女は彼氏によって七変化>>

■39歳でアイドルデビュー「我慢できなかった」

「私は普段からスリルを求めすぎてるところがあるみたいで、普段の生活でも露出を多めにすることがよくあります。わざとタイトミニを履いて外出して、階段で下から見えちゃうかもっていうスリルを楽しんだり(笑)。そんな感じで人に見られたい欲が強いのか、昔からずっとアイドルになりたかったんですよね。でもその気持ちを隠してOLになり、日々を普通にズルズルと過ごしてしまっていました。

でも40歳目前になり、どうしても『女盛りの私を見てほしい』という気持ちを抑えきれなくなってしまったんです。39歳のときにとうとう『我慢できない!』と爆発してしまって、全編自撮りでアラフォー女の日常生活を覗(のぞ)き見できるという感じのDVDを作って発売しました。もう勢いで出した感じだったんですけど、いざふたを開けてみたらまさかのオリコン1位をいただいちゃって、自分でもびっくりしました。多分39歳でグラビアアイドルデューっていうのが相当珍しかったんでしょうね。私自身は39歳という年齢でのデビューに抵抗はまったくなかったので、逆に面白いんじゃないかくらいの気持ちでやりましたね。

そのDVDに多くの声をお寄せいただけたことでありがたいことに2枚目も発売できることになりました。2枚目はプロの方に撮影していただいたんですけど、エプロン姿で後ろから襲われたり、畳の上でスケスケのブラウス姿で悶(もだ)えたりと、いろいろなことにチャレンジしました。普通は緊張するところなんでしょうけど、ずっと憧れていたので、楽しくて求められている以上にやってしまって、スタッフさんたちもかなりびっくりしていました(笑)」

1/3ページ

最終更新:7月26日(火)19時0分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。