ここから本文です

愛か?執念か? 「セガサターン」をクラックした男

ギズモード・ジャパン 7月26日(火)22時10分配信

彼はセガサターンから光学ドライブを取り去ったのです。

ご存じのとおりセガサターンはセガが発売した家庭用ゲーム機。ゲーム市場をめぐりPlayStationと激しい戦いを繰り広げた名機です。日本でも根強いファンが多いハードですが、発売から22年もたった今、そのクラックに成功した人物が現れました。

こちらはdebugliveの動画(https://youtu.be/jOyfZex7B3E)。Dr Abrasiveと名乗る男性が、セガサターンのゲームをUSBメモリから起動できるゲームローダーを作り上げています。

サターンのソフトウェア開発に興味を抱くものの、セガサターンのゲームCDにはコピープロテクトがあり、ただCD-Rに複製しただけでは動かせません。特殊なチップを使うことでプロテクトは回避できますが、Dr Abrasiveは背面にある拡張スロットに注目したようです。

そう、ビデオCDを再生できるムービーカードスロット。

一般的にはムービーカードをセットすることで、MPEG再生に対応し、一部ゲームのムービーが高画質で楽しめるようになる拡張ポートです。対応ゲームは少ないものの、「LUNAR シルバースターストーリー(MPEG版)」や「ガングリフォン」など、人気タイトルでは一部ムービーを高画質(と言ってもMPEG画質ですが)で楽しめます。

通常であれば、MPEGデコーダーとしてのスロットですが、研究の末、ここからゲームのデータを読み込めることを突き止めたDr Abrasiveは、CDを使わずにゲームデータを読み込むためのアダプター「Saturn Satlator」を開発。このアダプターを利用することで、ゲームから吸いだしたイメージデータをサターン実機で遊べます!

動画内ではUSBメモリ内を参照し、見事に「デイトナUSA」を起動する様子が収められています。市販ゲームのイメージデータの他、自作したゲームなども動かすことも可能と、まるで開発機。彼はこの「Saturn Satlator」の製品化も検討しているようです。

セガサターンは発売から22年が経ちました。

せがた三四郎は死に、セガは家庭用ハードから去りました。可動部であるROMドライブ・ユニットは確実に劣化しているはずです。ピックアップレンズがヘタレて読み込み不良を起こしているハードも多いことでしょう。

しかし、メーカーではすでにセガサターンの修理を受け付けていません。

そういう意味では、彼のクラックは非正規な手法でありながらも一定のニーズがあるのかもしれません。

セガサターンの思い出は、今もこの胸に、手に、耳に。我が家のリビングには、中学生当時に買ったセガサターンが飾ってありますが、しばらく火を入れていない彼はまだ動くのでしょうか? フタを開けたら、ピロリロリンと声を上げるのでしょうか?

そして、僕たちはいつまでセガサターンで遊ぶことができるのでしょうか。

source: YouTube
(小暮ひさのり)

最終更新:7月26日(火)22時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]