ここから本文です

入善町“えいごであそぼう” ALTが園児と英語で交流/富山

チューリップテレビ 7/26(火) 19:41配信

 英語教育の低年齢化が進んでいますが、ついに、保育園児を対象とした英語指導です。
 外国語指導助手・ALTが、園児たちに英語を教える事業が、26日から入善町で始まり、園児たちが体を動かしながら英語に親しみました。
 この事業は、日ごろ小中学校で英語を教えているALTが、町内の保育所を回り、指導するものです。
 幼児期から生の英会話に触れる機会をつくり、国際感覚を養ってもらおうと、入善町が始めました。
 ALTが保育所を訪問する事業は、県内では珍しいということです。
 初回の26日は、アメリカ出身の2人のALTが、さわすぎ保育所を訪問。
 年長園児35人と一緒に、『あいさつ』や『気持ちを表現する言葉』を英語で発声し、ジェスチャーを交えながら意味を伝えていました。

 「楽しかった」「Hell」(参加した園児)

 挨拶は『ばっちり』です。

 「エンジョイとか、英語だけど子どもたちが聞きなれているという英語でしゃべって、理解してもらいたいと思います」(ALT・ポール・ダーガンさん)

 2人のALTは、来月31日までに、町内10の保育所を訪問し、英語を使って園児たちと交流を深める予定です。

チューリップテレビ

最終更新:7/26(火) 19:41

チューリップテレビ