ここから本文です

【ブラジル】年内にスタンド400カ所新設=イピランガ石油

サンパウロ新聞 7月26日(火)3時46分配信

 ブラジル全国において7200カ所のガソリンスタンドを展開しているイピランガ石油(Ipiranga)の小売担当役員、ジェロニモ・サントス氏は6月28日、サンパウロ市内で開かれたイベントにおいて、同社は2016年中に新たに約400カ所のガソリンスタンドを開所すると語った。伯メディアが同日付で伝えた。

 同社の15年第4四半期(10~12月)の販売量は、景気後退を反映して前年同時期を2%下回ったが、サントス氏によると、同社の販売は16年上期(1~6月)の間、二けた台のペースで伸びてきた。

 イピランガ石油は6月12日、同業のアレ社(ALE Combustiveis)を21億6000万レアル(約648億円)で買収したと発表した。

サンパウロ新聞

最終更新:7月26日(火)3時46分

サンパウロ新聞