ここから本文です

【ブラジル】カード決済1兆レアル超える

サンパウロ新聞 7月26日(火)3時46分配信

 カードによる決済額が1兆レアルを超えた。

 ブラジル中央銀行(BCB)発表として伝えた7日付伯メディアによると、ブラジルの人々らによるクレジットカード及びデビットカードでの決済額は、2015年の1年間で1兆680億レアル(約32兆400億円)に達した。クレジットカードでの決済額は14年比で9%増加、6780億レアルに上った。デビットカードによる決済は同12%増の3900億レアルだった。

 ただし、いずれの額も前年に対して拡大したが、伸び率は13年から14年にかけての伸びよりも小さかった。14年の決済額は、クレジットカードは前年比11%増、デビットカードは同19%増だった。

 決済件数は、クレジットカードは前年比3%増の57億件、デビットカードは同15%増の65億件だった。

 カード決済が増加した一方で、小切手による決済は減少した。15年の小切手による決済件数は前年に対して12%減少、決済額は9%減った。

サンパウロ新聞

最終更新:7月26日(火)3時46分

サンパウロ新聞