ここから本文です

【都市対抗野球】トヨタ自動車が悲願初V 元ホークス細山田完封導く好リード

Full-Count 7/26(火) 20:33配信

日立製作所に4-0で快勝

 今年の都市対抗野球の決勝戦が26日、東京ドームで行われ、トヨタ自動車(豊田市)が日立製作所(日立市)を4-0で下し、初優勝を飾った。

 7年ぶりの決勝進出となったトヨタ自動車が終始、試合を有利に進めた。2回に4番の樺沢(前橋商-東農大)が左越えの先制本塁打。滝野(今治西-立命大)の右中間二塁打から多木(坂出高-法政大)が詰まりながらも左前へ運ぶタイムリーで追加点を奪った。4回には滝野の右翼線三塁打から河合(中京大中京-法政大)の犠飛で3点目。7回には代打・坂田(尽誠学園-駒沢大)が左翼越えの適時二塁打で4点目を奪った。

 先発の佐竹(土庄-早稲田大)は見事、完封勝利。3試合投げてすべて完投。2完封となった。横浜、ソフトバンクでプレーした社会人野球に活躍の舞台を移した捕手・細山田が好リード。相手打線を封じた。

 最後の打者を遊撃ゴロに打ち取った。試合終了の瞬間、細山田がマウンドの佐竹に駆け寄り、ナインに大きな輪ができた。就任1年目の桑原大輔にとってもうれしい初優勝になった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/26(火) 20:52

Full-Count