ここから本文です

ベシクタシュファンが“王”の帰還を熱望「僕らのもとでレジェンドになってくれ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/26(火) 18:30配信

Twitterでハッシュタグも制作

ベシクタシュファンがエースストライカーのために動き出しているようだ。

先日、ベシクタシュに所属するドイツ代表FWマリオ・ゴメスが自身のFacebookで退団を宣言した。それはトルコの政治的な理由によるものだが、ベシクタシュのファンは昨季26ゴールを挙げ、リーグ優勝に大きく貢献したストライカーを手放したくないようだ。独『Sport Bild』が報じている。

同誌によれば、ベシクタシュファンはTwitterで「ComeBackMarioGomez」というハッシュタグを作り、拡散している模様。また、一部のファンは「僕らの王よ、戻ってきてくれ」や「僕らのもとでレジェンドになって」といった横断幕も制作しているようだ。

ファンにはどうしようもない理由でトルコから去ることを決断したマリオ・ゴメス。それだけにどちらもやりきれない思いを抱えているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/26(火) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]