ここから本文です

ベシクタシュファンが“王”の帰還を熱望「僕らのもとでレジェンドになってくれ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月26日(火)18時30分配信

Twitterでハッシュタグも制作

ベシクタシュファンがエースストライカーのために動き出しているようだ。

先日、ベシクタシュに所属するドイツ代表FWマリオ・ゴメスが自身のFacebookで退団を宣言した。それはトルコの政治的な理由によるものだが、ベシクタシュのファンは昨季26ゴールを挙げ、リーグ優勝に大きく貢献したストライカーを手放したくないようだ。独『Sport Bild』が報じている。

同誌によれば、ベシクタシュファンはTwitterで「ComeBackMarioGomez」というハッシュタグを作り、拡散している模様。また、一部のファンは「僕らの王よ、戻ってきてくれ」や「僕らのもとでレジェンドになって」といった横断幕も制作しているようだ。

ファンにはどうしようもない理由でトルコから去ることを決断したマリオ・ゴメス。それだけにどちらもやりきれない思いを抱えているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月26日(火)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]