ここから本文です

トッテナムのポチェッティーノ監督、余剰人員に構想外を通告「状況は理解しているはず」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月26日(火)19時20分配信

若手のため?

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は新シーズンに向けて着々と準備を進めている。

昨季、若手中心のチームで躍進を果たしたトッテナム。今季も昨季に劣らぬ戦いを見せるため、ポチェッティーノ監督は人員を整理し、ナブリ・ベンタレブ、フェデリコ・ファシオなどを構想外としたようだ。英『Daily Mail』が伝えた。

同監督は「ベンタレブ、ファシオ、プリチャードの状況は明らかだ。彼らは私のプランに含まれていないことを知っている。コミュニケーションは取っているし、何の問題もない。状況は理解しているはずだし、何が起こるか見てみようじゃないか」と移籍を容認することを明かした。

次々と若手が育ってくるトッテナムだけに、余剰人員は早く放出したいと考えているはずだ。そのため、このような発言をするに至ったのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月26日(火)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。