ここから本文です

ミランの総得点も超えたディバラ+イグアイン=ディグアインの脅威 昨季の得点数で2人を超えたのは3組のみ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月26日(火)19時40分配信

チャンピオンズリーグ制覇も現実的に

ユヴェントスで実現しようとしているゴンサロ・イグアインとパウロ・ディバラの2トップは、セリエAどころか欧州全体で見ても驚異の破壊力を持つコンビだ。イグアインは昨季セリエA最多得点記録となる36得点を挙げ、ディバラも19得点と爆発。2人合わせてリーグ戦だけで55得点を挙げていることになる。驚くべきことにこれは昨季のインテル、ミランのチーム得点数をも上回る数字だ。

伊『Gazzetta dello Sport』はイグアインとディバラのコンビを「ディグアイン」と呼んでおり、このディグアインは世界のストライカーたちと張り合えるだけの力を持っている。ディグアインが昨季記録した55得点を上回るのはバルセロナのリオネル・メッシとルイス・スアレス(66得点)、ネイマールとスアレス(64得点)、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマ(59得点)のみだ。

バイエルンで得点を量産したロベルト・レヴァンドフスキ、トーマス・ミュラーの2人も50得点でディグアインよりは下だ。バルサとレアルはそれぞれMSN、BBCの3トップを形成しているため、イグアインとディバラと比較することはできない。ただ、イグアインとディバラの2トップの破壊力が世界トップレベルなのは確かだ。

さらに同メディアは2人の関係性にも注目している。2人はともにアルゼンチン出身の選手で、恐らくコミュニケーションの面で問題を抱える可能性は低いだろう。さらにディバラは司令塔としてもプレイすることが可能で、イグアインがいれば昨季以上に自由なプレイをすることができるはずだ。

ユヴェントスは以前からチャンピオンズリーグ制覇を目標に掲げていたが、ディグアインが実現すればその夢も現実的なものになってくる。近年はバルサ、レアル、バイエルンらと同じ領域にいるとも言われるようになってきたが、ディグアインで欧州を支配することはできるか。

最終更新:7月26日(火)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]