ここから本文です

ソフト武田が2年連続2桁勝利、ハム貯金22、阪神藤川1000奪三振…26日プロ野球

Full-Count 7月26日(火)22時42分配信

DeNA借金返済まで「1」、中日4連敗

 プロ野球は26日、各地で5試合が行われた。セ・リーグではDeNAが中日戦で投打がかみ合って借金返済まであと1とした。先発の久保康が7回2失点の力投。打線も梶谷、ロペスの本塁打などで右腕を援護し、快勝した。中日は初回に得点をしたが、つながらず4連敗。若松は5回5失点で7敗目を喫した。

首位ソフトバンク追撃なるか…2016年 NPB順位表

 阪神は8回1死一塁からゴメスが15号2ランを放ち、試合を決めた。ヤクルトに3点を先取されたが、ゴメスの適時打など反撃を開始。主砲のバットが勝利に導いた。また阪神藤川が8回から登板し、1回2安打無失点。2奪三振で勝利投手。日米通算1000奪三振を記録した。ヤクルトは山田が30号1番乗りとなる本塁打をマークした。

 岐阜・長良川球場で予定されていた巨人-広島戦は雨天中止となった。

 パ・リーグではソフトバンクの武田が楽天戦に先発し、見事完封勝利。2年連続となる10勝目挙げた。打線は内川の2点適時打で先制。その後、女房役の鶴岡が適時二塁打やセーフティースクイズを決め、武田をバットでも援護した。楽天は新外国人のペゲーロが来日初ヒット。第3打席目で痛烈な右前安打を放った。期待を抱かせる一打だった。

 日本ハムは西武に4-1で快勝。9カード連続でカード初戦を勝ち、貯金を今季最多タイ22とした。大谷が2回1死で岸から右前安打を放ち、同2死一、二塁から大野の左翼線二塁打で先制のホームへ。4回無死二塁でも右前へ。好走塁で右前適時二塁打とした。6回先頭の中前安打と合わせて、今季3度目の猛打賞をマークした。投げては先発のメンドーサが6回3安打1失点で7勝目(4敗)を挙げた。西武打線は岸の粘投を援護できなかった。

 ロッテはオリックス・西から5回に田村の適時二塁打、荻野の2点適時打で3点先制。オリックスも安達、代打川端の適時打などで同点としたが、8回に荻野の安打の後、リーグ打率トップの角中が今季初の送りバントでチャンスメイク。1死一、二塁で代打根元が決勝適時打を放った。オリックスは最多タイの借金21。

【セ・リーグ】
◇中日 3-7 DeNA(ナゴヤドーム)
勝 久保康 5勝5敗
敗 若松 7勝7敗
HR【中】ビシエド20号、【De】梶谷6号 ロペス19号

◇阪神 5-3 ヤクルト (甲子園)
勝 藤川 4勝5敗
敗 ルーキ 5勝4敗
S ドリス 8S
HR【ヤ】山田30号、【神】ゴメス15号

◇巨人-広島 (岐阜)
雨天中止

【パ・リーグ】
◇楽天 0-6 ソフトバンク(コボスタ宮城)
勝 武田 10勝4敗
敗 塩見 5勝6敗

◇西武 1-4 日本ハム (西武プリンスドーム )
勝 メンドーサ 7勝4敗
敗 岸 4勝5敗
S マーティン 14S
HR【日】レアード26号

◇オリックス 3-6 ロッテ(京セラドーム大阪)
勝 南 2勝2敗
敗 西 6勝9敗
S 西野 21セーブ

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月26日(火)22時48分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]