ここから本文です

大涌谷で避難誘導訓練 小規模噴火など想定

カナロコ by 神奈川新聞 7月26日(火)7時33分配信

 箱根ロープウェイの全線再開と大涌谷の一部規制解除を翌日に控え、箱根山の小規模噴火や高濃度の火山ガスが計測された事態を想定した避難誘導訓練が25日、箱根町の大涌谷園地で行われた。箱根ロープウェイ、箱根温泉供給など園地内の事業者や町、周辺自治会などから約90人が参加した。

【動画】大涌谷で避難誘導訓練 小規模噴火など想定

 訓練では園地内の放送設備を使い、日・英・中・韓の4カ国語で避難を呼び掛け、監視員役が誘導に当たった。高濃度の火山ガスへの対応では、体調不良者への初動対応や救急車の要請について連携を確かめた。

 訓練に参加した箱根温泉供給の辻内純一さん(45)は「いろいろな事態を想定し観光客を迎えることが大切」。町防災対策室の小林泰彦室長(51)は「明日(26日)からの再開に向け、安全確認が図れた。安心して箱根の観光を楽しんでほしい」と話していた。

最終更新:7月26日(火)7時33分

カナロコ by 神奈川新聞