ここから本文です

入浴以外も満喫、湯快リゾートが日帰り温泉の新提案

Lmaga.jp 7月26日(火)8時0分配信

「ジャンボカラオケ広場(略称・ジャンカラ)」「湯快リゾート」を展開するTOAI GROUP(本社・京都市)の新事業となるスーパー銭湯「天然温泉 湯快のゆ」が大阪の寝屋川市・門真市に2店舗同時オープン。自家源泉の天然温泉はもちろん、充実したサービスで注目を集めている。

食事は朝・昼・晩バイキング(料金別)

もともと「湯快リゾート」は廃業した施設を引き継ぐ再生ビジネスを中心とし、西日本でホテル・旅館を運営。そのため1泊2食7,500円~という低価格での宿泊を実現しているのだが、「湯快のゆ」も同様に施設をリニューアルし、平日750円、土日祝は850円でソフトドリンクは飲み放題というお得な価格に。

「もともと持っているノウハウを活かして、新たな事業モデルを目指します。食事は『湯快リゾート』のホテルと同じ開発チームが担当しているので、朝・昼・夕とホテルと同じクオリティのバイキングを提供しています。マンガを読みに来ていただいたり、子どもを遊ばせたり、館内では無料で利用できるコーナーが充実。定額料金でまる一日楽しめる施設を目指します」と広報担当者。

ジャンカラ同様に最新機種を備えたカラオケルーム(30分120円~)があり、寝屋川店であれば無料で楽しめるボルダリングも。さらに会員にあれば入館料金が割引になるほか、テレビやインターネットを楽しめるようにタブレット端末を利用できる。入浴施設という枠を超えた「湯快のゆ」が今後、全国にどのように展開されていくのか楽しみにしたい。

最終更新:7月26日(火)8時0分

Lmaga.jp