ここから本文です

南北外相がラオスで鉢合わせ、懸案協議なく挨拶だけ

ハンギョレ新聞 7月26日(火)22時27分配信

25日、ASEAN会議場の貴賓休憩室で偶然顔合わせる ユン長官「お会いできて嬉しいです」と握手を求めると リ外相も「お会いできて嬉しいです」と手を握り返す 南北外相、昨年ARFでも挨拶を交わしただけ

 北朝鮮の4回目の核実験(1月6日)以降、一歩も譲らない鋭い対立を繰り返してきた南北の外相が25日午後(現地時間)、偶然顔を合わせ、手を握り合って「お会いできて嬉しいです」とあいさつを交わした。24日から開かれているASEAN地域フォーラム(ARF、26日)をはじめとするASEAN関連の外相会議場となるラオス・ビエンチャンの国立コンベンションセンター(NCC)1階の貴賓休憩室での出来事だ。ユン・ビョンセ外交部長官は、昨年末にマレーシアのクアラルンプールで開かれた第22回ASEAN地域フォーラム当時も「ガラディナー」(歓迎晩餐会)の控室で、当時のリ・スヨン北朝鮮外相と遭遇し、あいさつを交わした。

 同日午後4時54分頃、ユン長官はジョン・ケリー米国務長官との韓米外相会談を控え、貴賓の休憩室の出入り口付近のソファーに座っていた。ちょうどその頃、リ・ヨンホ北朝鮮外相は休憩室奥の方に座っていた。二人の間に10分以上気まずい沈黙が流れた。イ外相が午後5時8分に席を離れ入口の方に歩いてきた。国立コンベンションセンター21号会議室で開かれるアウンサン・スーチー・ミャンマー外相との二国間会談に合わせて席を立ったのだ。

 ドア付近にいたユン長官が先に「お会いできて嬉しいです」としながら、手を差し出した。リ外相も「お会いできて嬉しいです」とユン長官の手を握り、二人は握手を交わした。リ外相が休憩室に出た後、ユン長官も、午後5時17分頃に休憩室を後にした。二人の間に懸案をめぐる対話は一言もなかった。

ビエンチャン(ラオス)/イ・ジェフン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:7月26日(火)22時27分

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。