ここから本文です

フェラーリ代表、ライコネンのパフォーマンスに「さすが元チャンプ」

オートスポーツweb 7月26日(火)14時34分配信

 フェラーリ代表のマウリツィオ・アリバベーネは、ハンガリーGPでのキミ・ライコネンのパフォーマンスに元F1ワールドチャンピオンであることを証明したと賞賛を送った。

【写真】ハンガリーGPで接触しながら順位を争ったフェルスタッペンとライコネン

 ライコネンは予選で急速に乾いた路面にアタックのタイミングを逃し14番グリッドからスタートしたが、決勝では元F1チャンピオンの実力をみせ、途中レッドブルのマックス・フェルスタッペンとの接触でフロントウイングが破損したが、5位を争う猛追を見せた。

 フェラーリと来シーズンまでの新契約を結んだ後の最初のレースとなったハンガリーGPで結果を残したライコネンに「やはり我々が輩出した最後のF1ワールドチャンピオンだけのことはある。日曜の彼は完璧なまでにファイターだった」とアリバベーネは絶賛を博した。

 フェルスタッペンが何度もラインを変えてブロックし、」彼の動きには疑問の余地があった」と考えるライコネンは、ペナルティを取らなかったスチュワードに「あれは間違っている」と言及する一方、クルマのパフォーマンスと不本意な結果に終わった予選からのチームの巻き返しを喜んだ。

「クルマの調子は良かったけど土曜日の結果は満足いくものではなかったし、日曜のスタートポジションはいい結果を望めるものではないと思っていた。だから、スタート時は今日は簡単にはいかないとわかっていたが、僕たちはできる限りの事をしたよ」

「マックスを抜くために最善を尽くしたが、追い上げられず結果は6位に終わってしまった。クルマの調子も良く、期待以上の走りができていただけに悔いが残るよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月26日(火)14時36分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]