ここから本文です

竹内涼真、『時かけ』切ない背中…全国の片思い男子に「がんばろうぜ」

クランクイン! 7/26(火) 7:00配信

 日本テレビ系のドラマ『時をかける少女』に出演している俳優の竹内涼真が、24日に自身のブログにて、河原でひざを抱えぽつんとたたずむ姿を写真にて公開。合わせて「全国の片思いの男子たち…頑張ろうぜ…」と、哀愁漂う自身の姿と重ねるかのように切ないコメントを記している。

【関連】「竹内涼真」フォトギャラリー


 『時をかける少女』の23日に放送された第3回のエンディングにて、竹内演じる浅倉吾朗の友人でありライバルの深町翔平(菊池風磨)は、吾朗が思いを寄せる芳山未羽(黒島結菜)に告白。それを受け入れるように翔平の手を取った未羽の姿を見て、吾朗は激しく動揺する…というシーンが放送された。

 写真では、そんな吾朗の気持ちを表すかのように切ない表情を見せる竹内の姿が映し出されており、合わせて自らに言い聞かせるように「全国の片思いの男子たち…頑張ろうぜ…」とのコメントが綴られている。

 この記事には「ごろうちゃん切ないですね~。青春って素敵」「本当にせつなすぎて娘は可哀相。。ごろうちゃん。。って涙を目にためてました」「吾朗ちゃんの恋、叶ってほしいです!3話はすごく切なくて、思わず涙が止まらなくなってしまいました…」と、吾朗の立場に気持ちを重ね涙したというコメントのほか、次回以降に改めて期待を寄せる声が多く寄せられた。

最終更新:7/26(火) 7:00

クランクイン!