ここから本文です

大型トレードはタイトル争いにも影響!? 過去には移籍でタイトルを逃した選手も…

ベースボールキング 7月26日(火)11時0分配信

タイトルを争うような選手がシーズン中に移籍!?

 169キロ左腕アロルディス・チャプマンがヤンキースからカブスへ移籍...。今年もメジャーリーグのトレード市場は活発だ。

 トレード期限を迎える8月1日までに、ほとんどのチームが今季のポストシーズンを狙う“買い手”と来季以降を見据える“売り手”のどちらかに回る。

 前半戦でどれだけの成績を残していても、ファンから愛されている人気者であろうとも移籍の可能性がある。その点、アメリカは日本と違ってとてもドライだ。

 そんななか、現在地区優勝争いの真っただ中にいるレッドソックスやレンジャーズから熱い視線を送られている投手がいる。最近何かと話題の、クリス・セール(ホワイトソックス)だ。

なにかと“お騒がせ”の左腕に熱視線...

 セールは先発予定だった23日の試合前、その試合で着用予定だった復刻ユニフォームの着用を拒否。さらに練習中にその復刻ユニホームを切り刻んだとして、チームから5試合の出場停止と罰金処分を科された。この事件は“奇行”として日本でも取り上げられて話題になっている。

 しかし、本業の方はというと、その実力は折り紙付き。オールスターゲームではア・リーグの先発投手として登板するなど、ここまでリーグトップタイの14勝をマーク。最多勝も争っている。

 獲得が噂されるレッドソックスやレンジャーズは同じア・リーグ所属のため、仮に移籍しても今季積み上げてきた成績は(個人タイトル争いという点で)生かされる。だが、もしナ・リーグ球団への移籍となると話は別。最多勝やサイヤング賞といった個人タイトルはリーグごとに表彰されるため、ナ・リーグでは“ゼロ”からのスタートとなってしまうのだ。

 当然、移籍すればポストシーズンを狙える環境に一変するため、不満を漏らすことはいないだろう。しかし、選手にとっては個人タイトルも重要であることに変わりはない。

 セールは昨シーズン奪三振王に輝いているものの、最多勝やサイヤング賞は獲得したことがない。心の底では「ナ・リーグは勘弁...」と思っていてもおかしくないだろう。

1/2ページ

最終更新:7月26日(火)11時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。