ここから本文です

ヤンキースが守護神チャプマンを放出…4対1の大型トレード

ベースボールキング 7/26(火) 13:30配信

メジャー最速守護神を放出

 ヤンキースとカブスの両球団は現地時間25日(日本時間26日)、トレードの成立を発表。ヤンキースは守護神のアロルディス・チャプマンを放出し、投手のアダム・ウォーレンと、野手の有望株グレイバー・トーレス、ビリー・マッキニー、ラシャド・クロフォードの4名を獲得した。

 今シーズンからヤンキースに加入したチャプマンは、キューバ出身の左腕投手。今年も最速169キロを記録するなど、その豪速球で日本でもよく知られている。

 ヤンキースでもストッパーを任され、31試合の登板で3勝負けなしの20セーブ、防御率は2.01。1イニングあたりに出した走者を現すWHIPは0.89と抜群の安定感を誇っていた。

 1年もたずに移籍することにはなったが、カブスといえば108年ぶりのワールドチャンピオンに向けてばく進中。現在21の貯金を作ってナ・リーグ中地区を独走しており、チャプマンの加入はそんなチームにさらなる勢いをもたらすことだろう。

 一方のヤンキースも、守護神を放出することにはなったものの、チームにはアンドルー・ミラーにデリン・ベタンセスという絶大な信頼の置けるリリーバーがまだ2人いる。

 チャプマンを放出してもまだ計算が立つだけのブルペン陣があり、それでいてトーレスやマッキニーといった超有望株が獲得できるとなれば、ヤンキースにとっても大いに旨味のあるトレードだと言えるだろう。

 ヤンキースとカブスの後半戦に注目だ。

BASEBALL KING

最終更新:7/26(火) 18:53

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]