ここから本文です

完成と技術光る88点 北陸創造展が開幕

北國新聞社 7/26(火) 16:00配信

 第58回北陸創造展(創造美術会北陸支部、北國新聞社主催)は26日、金沢市の金沢21世紀美術館で開幕した。洋画、日本画、染織画、陶芸、小品の各部門に計88点が並べられ、作家の豊かな感性と技術が詰め込まれた力作が存在感を放った。

 6月に東京都美術館で開かれた第69回創造展の入選作を中心に、北陸の作家が意欲作を展示した。

 木々の間に差し込む日差しを印象的に描いて文部科学大臣賞に輝いた米島道代さん(七尾市)の日本画「こもれび」や、北國新聞社が設ける「北華賞」を受けた古田弘毅さん(能美市)の陶芸「シルクロードより」など、本展の受賞作が多数披露され、作家の創作意欲を来場者に伝えた。31日までで、入場無料となっている。

北國新聞社

最終更新:7/26(火) 16:00

北國新聞社