ここから本文です

キヌアのゲノム解読に成功 アクトリー、石川県立大学など

北國新聞社 7月26日(火)16時0分配信

 アクトリー(白山市)と石川県立大学などの共同研究グループは26日、南米アンデス地方原産の作物キヌアのゲノム(全遺伝情報)解読に世界で初めて成功したと発表した。キヌアは厳しい気候でも育ち栄養価が高く、国連が世界の食糧危機を救う穀物として普及を進めている。遺伝子レベルの分析が進んだことで、干ばつにも適応する作物の開発や品種改良への応用が期待される。

北國新聞社

最終更新:7月26日(火)16時0分

北國新聞社