ここから本文です

ポグバとの“両取り”なるか…マンU、ユーヴェのボヌッチ獲得を狙う

SOCCER KING 7月26日(火)11時41分配信

 マンチェスター・Uが、ユヴェントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの獲得を狙っているようだ。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が25日に報じている。

 報道によると、マンチェスター・Uはボヌッチの獲得に向けて可能性を模索しているという。ジョゼ・モウリーニョ監督が守備陣強化を望み、理想的なリーダーとして同選手に白羽の矢を立てたようだ。

 マンチェスター・Uは今夏の移籍市場でコートジボワール代表DFエリック・バイリーをビジャレアルから獲得したが、初挑戦のプレミアリーグに適応できるかどうかは未知数だ。報道によると、モウリーニョ監督はDFの選手をもう1人補強したいと考えている模様。マンチェスター・Uは現在、フランス代表MFポール・ポグバの移籍加入に向けて交渉を行っており、ユヴェントスから2選手を獲得することになるかもしれない。

 なお、ボヌッチについてはマンチェスター・Cからの関心が報じられ、11日付のイタリアメディア『メディアセット』によれば、同クラブは移籍金6000万ユーロ(約69億1000万円)を用意している。ユヴェントス側も年俸を増額して引き留めに動いている模様で、今後の動向に注目が集まる。

 ボヌッチは1987年生まれの29歳。2010年夏にバーリからユヴェントスに移籍した。2015-16シーズンはセリエAで36試合出場3ゴールを記録し、5連覇達成に大きく貢献した。

SOCCER KING

最終更新:7月26日(火)11時41分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。