ここから本文です

トッテナム指揮官、3選手に構想外を通達「プランに入っていない」

SOCCER KING 7月26日(火)17時39分配信

 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、クラブに所属する3選手が構想外にあることを明言した。大手メディア『ESPN』などが25日に伝えている。

 クラブでの将来が無いと宣告されたのは、アルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオ、アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ、イングランド人MFアレックス・プリチャードの3名。同選手らはプレシーズン大会『インターナショナル・チャンピオンズ・カップ』オーストラリアラウンドのメンバーから外れていた。

 同メディアによると、3名が遠征メンバーから外れていることについて問われたポチェッティーノ監督は、「3人、つまりファシオとベンタレブとプリチャードの状況についてははっきりしている。彼らは私のプランに入っていない」とコメント。3選手が構想外であることを明かした。

 その上で同監督は、「そのことを彼ら自身も知っている。彼らとコミュニケーションを取って状況をはっきりさせた。問題はない」と続け、チームへの悪影響はないとした。

 2015-16シーズンのプレミアリーグで、ベンタレブは5試合に出場。ファシオはリーグ戦の出場がなく、シーズン後半を古巣セビージャで過ごした。プリチャードも今年2月にウェスト・ブロムウィッチへレンタル移籍していた。

SOCCER KING

最終更新:7月26日(火)18時24分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。