ここから本文です

FIFA新会長、W杯出場国枠の増加を目指す「2026年に40カ国」

SOCCER KING 7月26日(火)17時8分配信

 今年2月にFIFA(国際サッカー連盟)の新会長に就任したジャンニ・インファンティーノ氏が、ワールドカップに対する考えを述べた。25日、スペイン紙『マルカ』など複数メディアが報じている。

 インファンティーノ氏は、13歳以下の国際試合に出席するためにナイジェリアを2日間訪問。そこで、ワールドカップ本大会の出場国枠を拡大するべきとの見解を示した。

 同紙によるとインファンティーノ氏は、「私は2026年のワールドカップに40カ国が出場するべきだと思っている。現状から8カ国が増えるわけだが、アフリカからは最低でも2カ国を新しく参加させるべきだ」とコメント。具体的な数字も示し、40カ国でのワールドカップ開催が望ましいとした。

 1998年のフランス・ワールドカップから現在の32カ国体制でワールドカップは開催されている。しかし、先日のユーロ2016では出場枠が16カ国から24カ国に拡大されるという実例もある。また、これまで6月から7月にかけて開催されてきたワールドカップだが、2022年のカタール・ワールドカップでは11月から12月の期間にかけて行われることが決定しており、大会方式に変化も見られる。

 2026年のワールドカップは、より多くの国に出場のチャンスが与えられることとなるのか。今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:7月26日(火)17時11分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。