ここから本文です

リオ五輪代表 最後の2部練、午前中はハードにトレーニング…PK練習も

ゲキサカ 7月26日(火)1時17分配信

 リオデジャネイロ五輪代表は25日、活動期間中最後の2部練習となる午前中の練習をブラジルのアラカジュで行った。先日37度3分の熱を出してホテルで静養したMF大島僚太(川崎F)は熱が37度1分に下がったものの午前中は引き続き静養し、様子を見て午後の練習から参加する可能性があるようだ。

 大島と合流前のFW久保裕也(ヤングボーイズ)を除く16選手にトレーニングパートナー5選手を加えた計21選手によるトレーニングが開始された。ランニング後に体幹トレーニングを行うと、その後はボールを使ったトレーニングに移行し、2グループに分かれてワンタッチのボール回しなどをこなした。

 その後はハーフコートによる9対9、2対2、3対3を行う。2対2と3対3ではシュートを打たれたチームの選手が入れ替わり、シュートを打ったチームに対してすぐさま攻撃を仕掛けるなど、素早い攻守の切り替えが要求された。

 練習の最後にはフィールドプレーヤーが2組に分かれて9人対9人のPK戦を実施。両チームの1人目MF遠藤航(浦和)がGK櫛引政敏(鹿島)に、MF中島翔哉(FC東京)がGK中村航輔(柏)にストップされる。さらに7人目のFW浅野拓磨(アーセナル)のシュートがポストを叩き、同じく7人目のDF室屋成(FC東京)のシュートが中村に阻まれる互角に展開に。最後は9人目のMF渡辺皓太(東京Vユース=トレーニングパートナー)のシュートがGK杉本大地(徳島=トレーニングパートナー)にストップされ、ビブスなしチームが7-6の勝利を収めた。

 約1時間ほどのトレーニングを終えたチームは、午後からのトレーニングに備えて、一度練習場となるスタジアムを後にした。

最終更新:7月26日(火)1時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]