ここから本文です

マンUファンが休暇中のマルシャルと遭遇 “あの件”について直撃インタビュー

ゲキサカ 7月26日(火)9時43分配信

 休暇中のFWアントニー・マルシャルと遭遇したマンチェスター・ユナイテッドのファンが“あの件”について直撃インタビューしたようだ。英『デイリー・スター』が報じている。

 ユナイテッドは21日に暫定ではあるが、2016-17シーズンの背番号を発表。新加入のFWズラタン・イブラヒモビッチが9番に決まり、昨季まで9番をつけていたマルシャルは11番に変更となった。だが、ユナイテッドはマルシャルの合意を得ずにこの変更を発表したようで、マルシャルは自身のフェイスブックのカバー写真とプロフィール写真を、9番を強調した画像に変更し、不満をアピールしていた。

 昨季加入し、プレミアリーグ31試合出場でチーム最多の11得点を記録したマルシャル。自身のツイッターでクラブ公式アカウントのフォローを外すなど、退団の可能性も一部では報じられていた。このニュースにファンも気が気じゃなかったようだ。休暇中にマルシャルと遭遇した際、この件についてインタビュー。そのファンの友人がツイッターでその内容を明かしている。

「俺の友人がギリシャのサントリニでマルシャルに会ったんだ。彼は11番を着ることについて、ハッピーだと言っていたよ。メディアに耳を傾けるなだってさ」と投稿。また、マルシャルはツイッターでユナイテッドの公式アカウントを再びフォローしている。

 ユナイテッドでの11番はライアン・ギグス氏が21年間も着けていた名誉ある背番号。9番への未練はあるかもしれないが、新指揮官のもとで昨季以上の活躍をみせ、ユナイテッド復活に貢献したいところだ。

最終更新:7月26日(火)9時43分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。