ここから本文です

イケメンのマケドニア代表FWがC大阪新10番に! 「J1昇格のために来ました」

ゲキサカ 7月26日(火)17時32分配信

 セレッソ大阪は26日、ロケレン(ベルギー)に所属するマケドニア代表FWベサルト・アブドゥラヒミが期限付き移籍で加入することを発表した。期間は今月26日から来年1月1日まで。背番号は、8日に中国スーパーリーグの長春亜泰に完全移籍することが発表されていたFWブルーノ・メネゲウの10番をつける。

 アブドゥラヒミはクラブ公式サイトを通じて「私はC大阪をJ1に昇格させるために来ました。自分の持てる力、全てを出してチームに貢献していきたいです。全力で戦います」とコメントしている。

 以下、クラブ発表プロフィール

●FWベサルト・アブドゥラヒミ
(Besart Abdurahimi)
■生年月日
1990年7月31日(25歳)
■国籍
マケドニア、クロアチア
■身長/体重
178cm/75kg
■背番号
10
■経歴
NKザグレブ-ハポエル・テルアビブ(イスラエル)-ロケレン(ベルギー)-アスタナ(カザフスタン)

最終更新:7月27日(水)10時25分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。