ここから本文です

イングランド代表のアラダイス新監督「自身のキャリア史上最大の挑戦」

ゲキサカ 7月26日(火)20時47分配信

 イングランド代表の指揮官に就任したサム・アラダイス監督が新たなチャレンジへの意気込みを語った。英『BBC』が伝えている。

 22日にイングランドサッカー協会(FA)から同国代表監督の就任を発表されたアラダイス監督。新しい職について、自身のキャリア史上最大のチャレンジだと話した。

「これは私の長いキャリアの中でも最大の挑戦になるだろう。できれば残りのキャリアを成功という形で終えることができればと思うよ。イングランドのエリート選手たちとともに仕事ができることにはとてもワクワクしている。こちらのやりたいことを分かってくれてるし、戦術への理解がとても早いからね」

 アラダイス監督は過去にボルトン、ニューカッスル、ウエスト・ハムなどを率い、昨年10月からはサンダーランドの指揮を執っていた。「残念ながら、私はどの大会でも優勝していない」と話す指揮官だが、「私はいくつものクラブを助け、降格を阻止してきた。FA杯やリーグ優勝とは違うかもしれないが、それはそれで偉業だと思っている」と、自身のこれまでのキャリアに誇りを持つ。

 イングランドはEURO2016でアイスランドに逆転負けを喫し、決勝トーナメント1回戦で敗退。大会後、2012年5月から同国代表を率いていたロイ・ホジソン氏が退任するなど、失意からのスタートなる。それでもアラダイス監督は「私の監督としてのスタイルは勝つためのサッカーだ。チームの結束力が最も大事だと私は考えている。チームスピリットを養って、楽しむ部分もあればさらにいい。私は試合中も、人生を楽しんできたんだ」と、ポジティブな姿勢で“勝つチーム”を作っていくと誓った。

最終更新:7月27日(水)10時28分

ゲキサカ