ここから本文です

[総体]Dブロック展望:実力校だらけ。流経大柏シードの混戦区に京都橘、広島皆実などが挑む

ゲキサカ 7月26日(火)20時49分配信

平成28年度全国高校総体
「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)

【Dブロック展望】
広島皆実高、高岡一高、履正社高、三重高、松山工高、東海大高輪台高、日章学園高、日本航空高、仙台育英高、岡山学芸館高、京都橘高、佐賀東高、尚志高、流通経済大柏高

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)。最終回となるDブロックは前年度準優勝の市立船橋高を県予選で破った流通経済大柏高(千葉1)がシード権を勝ち取ったブロックとなる。今季の高円宮杯プレミアリーグEASTでは予想以上の低迷を余儀なくされている流経だが、決して力のないチームではない。戦う司令塔・MF本田憲弥と走力とキック精度を備える主将のMF関大和が攻守の軸となり、前線では県予選の要所で活躍を見せたFW中村翼らがどん欲にゴールを狙う。また空中戦で無類の強さを見せるU-16日本代表DF関川郁万、ハイポテンシャルのボランチである同代表MF熊澤和希、マルチロールのDF佐藤輝という1年生トリオの成長もポイントとなりそうだ。「頭が痛いよ」とぼやいていた本田裕一郎監督だが、下級生の積極起用でチームを立て直しつつある。

 その流経と当たるのは佐賀東高(佐賀)と尚志高(福島)の勝者。佐賀東はパスワークに加えて主将も務めるFW川内陽一が持ち前の勝負強さでチームを引っ張ってきた。昨年度は夏冬ともに県予選敗退で涙を流しただけに、今大会への意気込みは強いはず。GK平田叶夢を軸にした昨年から積み上げている守備のベースに加えて、1年生FW福田晃久ら下級生のブレイクがあれば面白い存在になりそうだ。対する尚志・仲村浩二監督は「去年から出ていた選手も少ないので厳しいですよ」とあくまで謙遜するが、実際はかなりの好チームに仕上げてきている。主将のDF進藤雅也が核となる守備、ボランチのMF神垣陸が巧みな配球を見せる中盤、そして共に能力の高いFW渡部公平と井上真冬がハイレベルなポジション争いを演じる最前線と軸も見えてきた。単独で切り崩し役になれるMF高橋大河、猛烈なオーバーラップが魅力のDF常盤悠、攻守のバランスに秀でてヘッドも強いDF生井沢佑斗などサイドの人材も豊富。どのチームにも真っ向勝負を挑めるだけの素地はある。

 その隣の山に目を向けると、注目は何と言っても京都橘高(京都)だろう。Jリーグの6クラブが激しく獲得を争ったU-19日本代表FW岩崎悠人に注目が集まるが、その相棒であるFW堤原翼も抜群の能力を誇る指折りのアタッカー。高い技術でチャンスに絡むMF梅津凌岳らと共に形成する速くて鋭い攻撃は魅力にあふれている。攻守の舵取り役となるMF河合航希と職人のような守備を見せるMF内田健太のダブルボランチも信頼度が高く、最終ラインはDF清水駿が要となる。そして、この京都橘と初戦で当たるのは岡山学芸館高(岡山)。2年連続での総体出場だけに昨年の経験が部内に残っているのは大きな強み。また今年は「岡山の本命」という声がある中での優勝なので意味合いも少し違うだろう。2年生ながらパスワークの中心となるMF池平直樹が注目を集めるが、京都橘側も警戒を深める中でどこまでやれるかがポイントとなる。

 この両校の勝者と対戦するのが日本航空高(山梨)、あるいは仙台育英高(宮城)となる。日本航空は7年ぶりと久々の出場となったが、予選では準決勝で帝京三高、決勝で山梨学院高をそれぞれ1-0で下しての勝ち残りとなった。柏U-15時代からの僚友であるDF平久竜土とGK高橋正也は守備の要であると同時に攻撃の起点となる存在。対する仙台育英は爆発力のあるFW稲本光輝と県予選でも得点源として機能したFW伊藤大の2枚がチームを引っ張る。熟練の城福敬監督の指揮下、まずは初戦を突破して勢いに乗りたい。

 このブロックにおけるもう一つのシード校は、地元の期待を背負う広島皆実高(広島1)。昨年の総体で8強入りしてのシード権だが、一昨年も8強と「強さの安定感」が抜きん出ており、激戦区・広島にあって全国切符を安定的に確保している点を含めて、部としてのベースの高さがある。今年も伝統の堅守は健在で、昨年からの守護神であるGK對川敦紀を最後尾に置きつつ、3バックでも4バックでも柔軟に対応する守備組織でゴールを固める。個としても187cmの大型DF河野秀汰が進境著しく、評価を上げてきたのは大きい。攻撃では技術と心身の勝負強さを兼ね備えるFW藤井敦仁が柱。エースの出来は、そのままチームの浮沈をも左右することになりそうだ。

 この皆実と対戦するのが高岡一高(富山)と履正社高(大阪2)の勝者ということになる。2年ぶり出場の高岡一は、当時1年生でメンバー入りしていたDF旅家悠輔がチームの大黒柱として大きく成長。5バックの堅牢な守備をベースに予選では富山一高、水橋高といった強豪をPK戦の末に撃破しており、トーナメント戦の戦い方を心得ている。対する履正社は昨年のレギュラー選手の多くが卒業し、「今年は厳しい」と平野直樹監督も語っていた年だったが、指揮官の想像以上に選手たちが奮起して成長。8強入りした昨年のようにポゼッションで魅了するチームではなく、1対1に強いDF清翼空が軸となる守備をベースに、地に足の着いたスタイル。技巧派MF安羅修雅を含めて下級生のさらなる成長があれば、前年度超えも見えてきそうだ。

 その隣の山に入ったのは三重高(三重)、松山工高(愛媛)、東海大高輪台高(東京2)、そして日章学園高(宮崎)の4校。三重は名門・四日市中央工高などを抑えて、激戦に次ぐ激戦を勝ち抜いての予選突破。全国での実績には乏しいが、ソシエタ伊勢、津ラピドFCといった地元のクラブチームで個性的な指導を受けてきた選手たちが集まっているだけに、チームとしての地力に対する評価は高い。守備をまとめるDF世古拓摩、1年生MF藤村祐世らを軸に後ろからの展開力で勝負できれば、台風の目となる可能性も秘める。対する松山工では関係者の視線も集める188cmの大型ながら足技もある1年生GK伊藤元太が注目。昨季から主軸の屈強なDF志摩奎人、打開力のあるMF芳之内啓、技術に秀でる1年生FW向井和哉など下級生の豊富なタレントと3年生が噛み合えば、面白いことになりそうだ。

 東海大高輪台は7年ぶり2度目の出場だが、今年はMF武川剣心、武井成豪ら実力派の選手がそろって春先から評価が高く、本命候補の一つだった。攻守に仕事のできる左DF木次悠、ポテンシャル抜群の右DF小林陸玖など脇を固めるタレントも充実しており、まずは前回出場時に果たせなかった1回戦突破が目標となるものの、「その先」も見据えることとなる。対する日章学園はU-16日本代表経験も持つMF佐藤颯太と巧みなパスが光るMF佐藤詩響のダブル佐藤ボランチが面白い。弾丸系ストライカーの岩切拳心は計算できるだけに、1年生MFコンビの河原淳と比嘉将貴のブレイクスルーにも期待が集まる。

(取材・文 川端暁彦)

最終更新:7月27日(水)10時29分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報