ここから本文です

手倉森JAPAN“2段階ミーティング”やる!まずOA3人→その後守備陣だけ

デイリースポーツ 7月27日(水)5時0分配信

 リオ五輪に出場するサッカー男子日本代表は25日、直前合宿中のブラジル北東部アラカジュで午前、午後の2部練習で調整した。手倉森誠監督(48)は26日午前に、ブラジル入りしてから初めてのミーティングを実施する考えを示した。

 DFラインの基本布陣は左から藤春、植田、塩谷、室屋となることが濃厚。オーバーエージ(OA)枠2人が入り、最終予選から半数が入れ替わるため、擦り合わせは必須だ。

 手倉森監督は19日の国内合宿で明かしていた通り、まずはOA枠3人を呼んで「コンセプトを説明し始める」。その後、守備陣だけの“2段階ミーティング”でさらに自身の戦術を落とし込む。

 午後に行ったミニゲーム形式の練習では、DFライン同士の距離感や上下動への指示に時間を割いた。DF藤春は「(所属する)G大阪とはやり方が違う。テグさんのサッカーを体に焼き付けたい」。戸惑いを払拭し、チームへの適応を急ぐ。

最終更新:7月27日(水)5時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。