ここから本文です

舞台画像公開! ついに開幕「ドラゴンクエスト」ショー

チケットぴあ 7月27日(水)14時2分配信

今年で誕生30周年を迎えた人気ゲームシリーズを初めてステージ化する大型ライブエンターテインメントショー「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」が7月22日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。

会見&ステージ写真、4点

会場に入った観客が最初に目にするのは、巨大な舞台装置。商人トルネコが登場し静かに前口上を述べた後、おなじみの楽曲とともに天井から吊るされたスクリーンに映像が映し出される。まず音楽がいい。耳慣れた楽曲を大勢の観客とともに聞いていると不思議な高揚感に包まれる。映像にはゲームの初期画面が現れ「あなたのなまえをいれてくだい」という文字が。粋な演出でファン心をくすぐるが、これには重要な意味が込められていることが、後でわかってくる。

物語のベースは「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」。第1作につながる勇者ロトの誕生を描いた作品だ。この「III」の世界へ迷い込んだ、孤高の剣士テリー(「ドラゴンクエストVI」に登場)、武術に長けたおてんば姫のアリーナ(「IV」)、旅芸人パノン(「IV」)、元山賊のヤンガス(「VIII」)らとともに、勇者は魔王バラモスを倒す旅に出る。

迫力の映像とシンクロするパフォーマンス。ワイヤーアクションを駆使した大立ち回り。ダイナミックな演出で表現される「ドラゴンクエスト」の世界。初日公演直前に行われた会見で、アリーナ役の中川翔子は「大ヒットタイトルがこの夏だけのショーとなって目の前に広がります。実際に目の前にモンスターがいて、あの呪文が出てきて、すぎやまこういち先生の音楽が鳴り響くんです」とアピール。テリー役の風間俊介も「ゲームソフトを買って家へ帰る途中のわくわく感がある。電源を入れて冒険をスタートさせる、そんな時がやってきた感じ。原作タイトルと同じく伝説をスタートさせることができたら」と力強くコメントしていた。

■ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー
7月22日(金)~31日(日)  さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)
8月5日(金)~7日(日)  マリンメッセ福岡 (福岡県)
8月12日(金)~14日(日)  名古屋 日本ガイシホール (愛知県)
8月18日(木)~22日(月)  大阪城ホール (大阪府)
8月26日(金)~31日(水)  横浜アリーナ (神奈川県)

最終更新:7月27日(水)14時2分

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。