ここから本文です

【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…通算5勝目を狙うヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

レスポンス 7月27日(水)9時15分配信

鈴鹿8耐の第1回大会を制したのがヨシムラで、その後は一度も参戦を休止することなくビッグタイトルに挑み続けている名門チーム。レースやバイクを知らなくてもヨシムラの名前は知っている人がいるほどに、その名は広く浸透している。

[関連写真]

そのヨシムラ スズキ Shell ADVANCEの39回目の戦いとなる今年は、全日本JSB1000の津田拓也、昨年のブリティッシュスーパーバイクでチャンピオンを獲得し、今年はスーパーバイク世界選手権を戦うジョシュ・ブルックス、そして第3のライダーにベテラン芳賀紀行が加わった。

「芳賀さんは、子どもの頃からの憧れのライダー。その芳賀さんとチームを組めるのは夢のよう」とブルックスが語れば、津田は「メディアの方から芳賀選手はどうですかと聞かれますが、これはまったく逆で、芳賀さんに津田はどうですかと聞くのが本筋。芳賀さんはものすごいキャリアの持ち主ですし、マシンの洞察力もすごい。マシンのセットアップで、これまでとは違ったアプローチがどんどん出てくるんです」と、次元の違いを語る。

その芳賀は「一度は名門ヨシムラでレースを戦いたいと思っていて、それが実現した。ぜひヨシムラ スズキ Shell ADVANCEの戦いに期待してください」とメッセージした。

昨年は4位と表彰台を逸したが、チーム力はファクトリーを凌駕するほどにレベルは高く、マシンも順調に仕上がっている。そして吉村不二雄総監督、加藤陽平監督を中心に参加チームナンバー1の団結力を誇る。強敵YAMAHA FACTORY RACING TEAMにどのような戦いを挑むか注目必至だが、打倒ファクトリーこそがヨシムラの真骨頂だ。

《レスポンス 佐久間光政》

最終更新:7月27日(水)9時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。