ここから本文です

西村雅彦、「超高速!参勤交代」続編で再び落ち武者姿を披露!

映画.com 7月27日(水)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 佐々木蔵之介が主演を務める時代劇コメディの続編「超高速!参勤交代 リターンズ」で、湯長谷藩の重要人物である相馬兼嗣を演じる西村雅彦の落ち武者姿を捉えた場面写真を、映画.comが独占入手した。

 第57回ブルーリボン賞作品賞に輝いた「超高速!参勤交代」の続編は、参勤交代の復路を描く。前作で、通常の半分の日数で参勤せよという無理難題を知恵と工夫で成し遂げた湯長谷藩。藩主・内藤政醇(佐々木)らは故郷に帰るために江戸を発つが道中で、湯長谷で一揆が起こったとの知らせを受ける。その一揆は、政醇に打ち負かされた老中・信祝が復しゅうのために画策した“湯長谷藩潰し”だった。

 公開された画像では、政醇からも厚い信頼を寄せられる藩の要である相馬が、きちんと結ってあったまげを乱し、まるで落ち武者のようになった姿が確認できる。相馬は前作でも江戸までの道中で井戸に落下し衝撃的な落ち武者姿を披露していただけに、今作ではどのような不運に見舞われるのか、期待が高まる1枚となっている。

 「超高速!参勤交代 リターンズ」は、本木克英監督がメガホンをとり、佐々木、西村をはじめ寺脇康文、深田恭子、伊原剛志、陣内孝則ら前作キャスト陣が続投する。9月10日から全国で公開される。

最終更新:7月27日(水)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。