ここから本文です

VAIO大田社長「2014年度からのV字回復に成功した」

レスポンス 7月27日(水)9時30分配信

VAIOは7月26日、2016年度の経営方針を発表した。その中で、大田義実社長は前期の業績について「2倍となる売り上げで営業利益の黒字化を達成し、2014年度からのV字回復に成功した」と胸を張った。

[関連写真]

VAIOは2014年7月に分離・独立した会社で、1年目は20億円の営業赤字だった。2年目からはニチメン(現・双日)出身の大田氏が社長に就任し、業績の立て直しを図ることになった。同氏はニチメン退社後はサンテレホンやミヤコ化学の社長として企業を再建してきた実績があり、その手腕を買われてVAIOの社長に就任したわけだ。

真っ先に行ったのは営業力の強化。営業担当者が売り込みに行く際にエンジニアを同行させて顧客のニーズを具体的に引き出し、それを商品に反映するようにした。同時にパソコンのモデルごとに事業計画と損益計算書を作成し、原価や日々の売上状況を社員に公開した。

これによって、「社員一人ひとりの意識改革が起こり、販売台数と売り上げにつながった」と大田社長は話し、細かいコスト改善で効率的にPC事業を進められることになったという。

また、受託(EMS)事業が「予想以上のスピードで成長を遂げた」(大田社長)ことも大きかった。現在、富士ソフトとの共同で進めているロボット「Palmi」をはじめ、IOT、FAなどさまざまなジャンルのプロジェクトが進行中とのことだ。

しかし、VAIOを取り巻く環境は依然として厳しく、V字回復をできたからといって安穏できる状況にはない。強みを生かした経営をさらに進めていく必要があるのは言うまでもない。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:7月27日(水)9時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。